2008年04月22日

やっと・・。本村さん事件の死刑判決

本村さんの裁判で死刑の判決がでました。

私もずっと気になっていた裁判。
死刑の是非、当事者にならないとわからない、被害者の権利のなさ。
くわえて前回の弁護団のメチャクチャな言い訳。

ちょっとほっとした。
文字だらけの乾燥した法律に血がかよったみたいに。やっと、言葉が通じたみたい。

簡単に、殺してしまう事件が多すぎる。
事件の人数や年齢で杓子定規にはかるのでなく内容を見極めてほしい。大事な人を奪われた、数ではかってほしくない。
昔なら殺される理由があったりもしたのに、落ち度もなく、
ただ居合わせただけなんて。


本村さんの会見は一字一句、的確で無駄がなく、まったくだと何度も頷いてしまった。私が被害者になってもここまで言えないし、ここまで動かせないよ。悔しくて 何もできずに終わるのかも。
そんな被害者の人がいまもゴマンといる・・。
少年法がからんで、ここまでたどり着くのに 高く険しい山の頂上だったろうな・・・。道がないところからからだもの。

何を守る少年法?子供を育てるのは難しいと身にしみて思うし、
ボタンを掛け違うこともある。すくうべき子供もいるだろうけど・・。


初めて拝見した時のワイドショーで、純粋だった青年がなにも理論武装せずに討論して、被害者なのにいいまかされていた姿がいまでも鮮明に思い出される。一緒になって 憤慨してやりきれなかった。
あのときの純粋な思いのまま、一生懸命勉強して、本当にスゴイ。
テレビで本村さんの会見をじっくり見た。
政治家の言葉はうわべだけで何も心に残らない。なのに本村さんの言葉は一字一句しみわたる。そして苦悩の末にたどりついた思いに私たちも奮い起こしてくれるような・・。

どうしたら被害者も加害者も生み出さない社会になるか、いろんな人が考えて、抑止して、助け合う・・それが本村さんや遺族の方の心からの願いなのだと。

被告が一礼した・・のは心情に変化があったのかな?
良心や本心をギスギスしたバリケードで隠していた、そう願いたいけど・・。

ああ よかったね・・と思う間もなく上告かあ〜〜。
長いよーー。まだ続くの???


光母子殺害:【本村洋さん会見詳細】<1>「裁判所の見解は極めて真っ当」 - 毎日jp(毎日新聞)
光母子殺害:【本村洋さん会見詳細】<2>「どこかで覚悟していたのではないか」 - 毎日jp(毎日新聞)
光母子殺害:【本村洋さん会見詳細】<3止>被告の反省文は「生涯開封しない」 - 毎日jp(毎日新聞)
posted by まいっち at 18:55 | 🌁 | Comment(1) | TrackBack(0) | 気になる問題
この記事へのコメント
まいっちさん、こんにちは∈^0^∋
ほぼ、確定しましたね。
生きている犯罪者を慮るよりも、殺害された人を慮る法律の法が本当だと思います。
 どうも、いまの法律は殺害されたの人権は守られていないように感じてしまいます。
 昔の目には目を、仇討ちの方が人の気持を表現できたかもしれません。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~
Posted by くまさん at 2008年04月26日 18:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/94283239
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。