2008年04月22日

なんだかんだと・・

月日が流れてしまいました。
母が具合悪く、入院しています。
先週まで学校や幼稚園が半日で私もなかなか身動きがとれず・・
週一度程度 日帰りで(わずかの滞在)がやっとという感じ。
弟が診てくれて ありがとう・・です。

肝臓の腫瘍があり体力がいま 半分ぐらいしかないので
戻り次第 組織をとって検査するとのこと。
、悪性でなければいいのだけど・・
腹水もたまっているそう。腹水がたまるのは けっこうひどいんだよと義母がいっていた・・・。

叔母も肝臓が悪く、血液の流れが逆流するため大手術をしたそう。
その際 不手際でひどい目にあったとか。
(医者がオペ中 間違えた!っていうのが聞こえたそう。)
命がかかっているのだから
相手のいったことをきちんとメモし、説明を納得いくまで聞いて
こちらも本を読んだり勉強しておくこと。いい病院でなければ 転院も考えること。

まったく心構えできてませんでした。肝炎?数値は?と叔母に聞かれて ???
肝臓のいい本 探してみます。





posted by まいっち at 17:13 | 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
お久しぶりです。
その後お母様のお加減はいかがでしょうか?

もしお時間があるようなら、
確かにある程度知識はつけておいた方が良いですよね。
その方が先生の話す意味もわかりやすいですし、
質問内容を紙にまとめて持って行くのもいいかと。
私も他人事ではないので考えさせられます。

一日も早くお母様のお加減が良くなられますことをお祈り致します!
Posted by トモコ at 2008年05月17日 09:17
そ〜なんです。大変でした。
やはり勉強しないと聞きたいこともわからない。
図書館で何冊か読み勉強しました。
小さいメモが活躍してくれました!
医療事情というか、すぐ退院させられちゃうのは
心配ですねーー。お医者さんも看護婦さんも責任が重くて激務だなと実感しました。
Posted by まいっち at 2008年06月24日 22:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。