2008年01月23日

ホームベーカリーで生パスタ

生パスタにチャレンジみました。遠い昔、新婚旅行のイタリアで食べた生パスタ。すっごくおいしかったけど、あんなのができたらいいな〜〜グッド(上向き矢印)

デュラムセモリナ粉は業務用食品スーパーで入手。製菓材料店よりお得でした。後日ネットでもっとお得なのを入手。デュラムセモリナ粉(ジョーカーA) 1Kg

とりあえずHBの取説どおり強力粉と半々のレシピ。コネはホームベーカリーにおまかせして、拍子抜けするぐらい簡単〜!あっという間に終わってねかせて・・
生地をスケッパーで4等分し、そのうちの3つは乾燥防止でラップをかける。

で、パスタマシン。まだ慣れないので試行錯誤です。三角巾とエプロンで子供もお手伝いモード、やる気まんまん。

最初はまるくのばした生地をのばして、おりたたんでもう一度とおす。
それを何回かとおすと 生地がなめらかになっていくのですが
最終的にいい幅に収めるのはたてとかよことか向きをかえたほうがいいのかな?まだコツがつかめていません。
生地がなめらかになったらダイヤルをまわし厚みをかえ、徐々に薄くしていく。覚えで、ダイヤル3
お なんとうまくいった?打ち粉がたりずできた麺がくっつく。
折りたたむ工程が終わったら くっつかないように粉をふるほうがいいかも?

さてカットです。できた麺を長女にうけてもらって、くっつかないように粉をまぶして、そこで次女もお手伝い。ばらした麺を押しつぶしてくっつけ・・・・ダメ〜〜〜がく〜(落胆した顔)ビクッ!(次女)

生クリームと牛乳半々のクリームソースでいただきました。
次女特製くっつき麺もあったけど、なんとかおいしくできました。でもゆで、からめあたりが モタモタしたせいか、思ってたのとちょっと違うな〜。


後日、リベンジしました!今度は飯田順子さんのホームベーカリーでこんなに作れる!のレシピです。(この本、HBの多目的活用ができます。

比率が前回1個から3個になります。うちは次女が軽めの卵アレルギーで生っぽいものはさけていました。パンや焼き菓子などは大丈夫だけどパスタは加熱時間短め。
卵率が高いので残念ながら彼女だけ市販のスパにすることに。ごめんね。オーガニックのものにしとくからね。私、ほんとはカルボナーラが食べたい・・・。ちなみに長女はトマトアレルギーなのでトマトソースがダメなのが不便。

強力粉:セモリナ粉が1:2へ。前回の1:1より増えたので固いか心配しましたが、思ったよりやわらかい生地で黄色がおいしそう。卵の水分のみで、水なしです
すべてセモリナ粉にすると弾力がありすぎて作業しずらいそうだ。パスタマシンのカッターがゆがんだというクチコミをみたのでホームベーカリーでこねるのもやめたほうがよさそう。2/3なら大丈夫みたい。

前回の反省をもとに、くっつかずにできました。不器用なのでやっぱり時間はかかっちゃうな〜〜。ビジュアル自信なし、家族のみでまだまだよそさまにだせません。

前回よりおいしい〜・・・でも・・イタリアで食べた、あの味じゃ ないんだな〜〜。まず味付け、ソースの力不足だよね〜。センスかも?
ゆで加減?火が通ったかいまいちわからないんです。
それに硬水の質粉の違い
なにせ記憶の味なのであいまいですが、プロのつくる味、そうそう簡単にうまくいかないなあと、よさそうな本を物色中。(どれもチェック段階で中身はみてません。)

本を見れたので感想をUPします。2008 2 18

「ラ・ベットラ」落合務のパスタの基本
生パスタの打ち方などはのっていませんでした。パスタの料理の仕方としてはとてもいい本です。
すごくシンプルにチーズをまぶしただけ、トマトを焼くだけからはじまり、落合さんの語りもあって私でもやってみよう、作ってみよう!と思わせてくれます。アマゾンのレビューにあったように、カルボナーラだけはマヨネーズが多い〜分量間違いみたい。

DEEP PASTA(ディープ・パスタ)―トルッキオ生パスタ70のテクニック
プロ仕様です。手打ち、機械打ち、卵なしのパスタ、キャンディ型のきれいなもの、美しくてカタログのようにながめて感心しました。ちょっと私には敷居が高すぎたけど こだわる方には究極かも。

「アロマフレスカ」のパスタブック―予約のとりにくいイタリア料理店のシェフが、プロの手のうちを明かす (講談社のお料理BOOK)
マシンを使わない生パスタと使う生パスタの作り方がのってます。読者向けだからか、意外とセモリナ粉すくないんだ〜と意外でした。有機野菜にこだわった、とっても人気店なんですね。作ってみたくなります。


本格パスタ入門―道具選び、手打ちの方法、本格レシピ50超、ベストワイン35撰etc.
賢く作ると、なるほどおいしい!パスタの絶品 (LEE CREATIVE KITCHEN)


もう買っちゃったから当分いらないけど、プロの粉、いいかもしれませんね〜。覚えに。生パスタの店 デュラム 愛用のデュラムセモリナ粉 500g

パスタマシンで生パスタのHP 
男は黙ってパスタを食う ★パスタ総合情報マガジン★
HPのテーマソングがあるんです!大ウケしちゃいました。ミックス音が聞けないけれど・・。水色パスタ そんなのもできるんだ〜〜。

パスタを打とう!
セモリナ粉100パーセントで作ってらっしゃる。やっぱりおいしいのかな〜〜。



posted by まいっち at 12:43 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(2) | ホームベーカリーとお菓子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/80208594
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

本格パスタ入門―道具選び、手打ちの方法、本格レシピ50超、ベストワイン35撰etc.
Excerpt: 本格パスタ入門―道具選び、手打ちの方法、本格レシピ50超、ベストワイン35撰etc.
Weblog: 忍者大好きいななさむ書房
Tracked: 2009-08-05 12:34

DEEP PASTA(ディープ・パスタ)―トルッキオ生パスタ70のテクニック
Excerpt: DEEP PASTA(ディープ・パスタ)―トルッキオ生パスタ70のテクニック
Weblog: 忍者大好きいななさむ書房
Tracked: 2009-08-06 15:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。