2006年11月08日

食品の裏側

遅まきながら 食品の裏側を読みました。
私 けっこう こだわってるほうだと思っていましたが
全然 ダメじゃん・・。たらーっ(汗)

PH調製剤や酸味料、乳化剤など、たいして害なく見える







表示。
一括表示できることになっているので 普通に書いたら
何種類ものカタカナまじりの添加物がいっぱいはいっているそう。


特に乳製品アレルギーなので 牛がはいっていないか  
チェックしており、たんぱく加水分解・・などは
大豆由来の健康成分・・だと思ってました。
ぶとう糖・・なんかも点滴と一緒ねと さして違和感なかった・・。
ラーメンのスープもいろんな味つくって、乾燥させてると
思ってましたが、白い粉を調合してできあがりなのか・・。
最近 よく買ってきてもらう明太子。無着色で安心してたら添加物が、た〜っぷりはいってるそう。
添加物なしで作るのが難しいものだとは。
減塩漬物・・体によさそうですが、これも添加物のなせる業。
気を使ってるつもりが 裏目になってたのね・・。

こうして業界をしってる人に指摘してもらうと
いかにインチキ味に慣れてるのが わかる・・。
テレビで いままでの添加物たっぷり佃煮から
むかしながらの方法に変えた生産者の話をやっていましたが
味がとがった感じになるそう。添加物だと味がまろやかになり
みんなが その味になれちゃって、本物に違和感がでるんだそう。
うーん、私も どっぷりだ。

子供が産まれた頃は 大豆アレルギー防止のため、
自然のしょうゆなどを 健康ショップで買っていましたが、
住宅ローンもある身。ただで貰えたりしたので、しょうゆ風を使ってる・・。

ある意味 みんな本物じゃなくて、宇宙食食べてるみたいなんだーー・。
工場でつくられてるって ことは いろいろはいってると同じ。
作りやすく、低コストで 職人のカンもいらない。
価格でたちうちできないから、すばらしいウデをもつ
職人さんという財産も私たちはなくしてしまったんだ・・。

無着色や遺伝子組み換えだけ 気にしてちゃだめなのね・・・。
大好きな安売りは それなりに理由があるんだ・・。
うひょうひょいって 77円のひもの買ってたよ。
さんまとかも どうなんだろうね〜〜??

作るほうも、添加物生産者も。宣伝するほうも
買う私たちも同罪。ある会社、給料が高いって聞いて
不思議だったのですが、なるほど、そういうことだったのか・・・。
業界もごまかしじゃなくて 自粛して欲しい。
行政は一括表示をやめて全表示にすればいいのに

私たちも価格だけで判断しないで、
がんばってる生産者をもっと評価すべきなんだな

添加物無しの生活は できない、
安心なものを見つけるほうが 難しい・・けど
このままじゃ世代が進むにつれ人類だめになっちゃいそうで怖い。

といいながらも・・スーパーのおべんと 買ってきちゃった。
お菓子も大好きだし、立派なこと 思っていても
ぜ〜んぶは 変えられない。
裏の表示をみて疑問を持つことから・・はじめてみようかな。

食品の裏側―みんな大好きな食品添加物
食品の裏側―みんな大好きな食品添加物
posted by まいっち at 18:35 | 🌁 | Comment(3) | TrackBack(0) | ドラマ 映画 本
この記事へのコメント
まいっちさん、こんばんは∈^0^∋
無添加な食べ物は本当に数が少ないですし、本当に無添加なのかどうか、最終消費者にはわからないです。
世代が重なるにつれて、その添加物の悪影響がどんどん出てくると予想されることが怖いですね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~
Posted by くまさん at 2006年11月08日 21:12
私も気にしているようで無頓着です。

手をかけているもは値段に転化せざるを得ないので、
納得している反面、
安いものについつい手が行ってしまいます。

料理教室で鰹節からだしを取ったおすましを飲んで、
とても美味しいと先生に話したら、
今化学調味料のだしに皆慣れていて、
この味を美味しいと感じる人が減っていて悲しいと話されていました。
慣れって恐ろしいですね・・・。
Posted by トモコ at 2006年11月08日 22:05
将来的にどうなるか考えると末恐ろしいですね。
土葬する習慣の地域でも(確かイギリス?)
最近は保存料の効いているものを食べているせいか
土に返らないそう。ゾンビたくさん うまれちゃうのかな〜〜?ぞぞぞ。

本当のだしの味・・うちの子たち わかるかな?
反省・・。
亜鉛が不足すると (カキ 貝類)
味覚障害になりやすいとか。
Posted by まいっち at 2006年11月09日 11:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。