2006年08月30日

福岡の交通事故

福岡での子供さんが泣くなった交通事故。3人すべて失うなんて むごい。
ご両親はそのあとご葬儀の準備に追われたのだとか。
そんな・・泣き叫ぶ時間をあげたいよ。若い子のお葬式は悲しすぎる。

小さい子ばかりでにぎやかすぎるぐらいだったろうに・・。
子供さんが3人・・って特に子煩悩のご夫婦だっただろうに。
あかりが消えてしまった・・。はりさけそうなぐらい静かだろう。

昔も高速で2人の子供さんを失った方がいて、
司法上の子供の
命の重さは軽いとテレビでみた。
また子供をつくればいいとか いわれたそうで、
当時まったく娘だった私は、ひどいけど すこしだけ同じことを思った。
すこしの間しか一緒にいないし、その前は いなかった存在じゃないかと。

でもその存在は、思ってた以上に大きな力や生き甲斐になる。
育てるのが大変なのは、子供を大事に思わせるためなのかとも・・。
生れ落ちた瞬間から 個性はあるし唯一無二、誰も代わりにはなりはしない。しかも そうそう簡単に子供は授かるもんじゃない。

信仰がないくせに、こんなときばかりは
神様 なんでこんなひどい目にあわせてしまうのって思ってしまう・・・。


飲酒運転で、犯人は以外に好青年。
飲酒は悪い、だけどそれより許せないのは
直後に一緒にもぐって助けてやらなかったのって、責めたい。
もしかしたら まだ 助かったかもしれない!
ご両親が必死で助けようとしているとき、何してたの??
詳しくは知らないけど 逃げちゃったの??

命をまもるはずのシートベルトは子供にはずせるないし
こんな事態、なにか方法ないのかな・・・。

今回は飲酒で、せめられるべき問題だけれど、それ以外にも車は
善人だろうが、だれしも一瞬で被害者にも加害者になる恐れがある。
だれもが、私も、この事件を心に刻んで、心して乗らないと・・・。


posted by まいっち at 00:27 | 🌁 | Comment(3) | TrackBack(0) | 気になる問題
この記事へのコメント
まいっちさん、こんにちは∈^0^∋
悲惨な事故ですよね。
でも、このような事故が起こっても、交通事故が減らない状況です。
すでに他人ごとになってしまっているのかもしれませんね。
 悲しいです。青年は現場を逃げたそうです。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~
Posted by くまさん at 2006年08月30日 07:55
こんにちはー。

先日ウチの実家メンバーが田舎(福岡)に帰ったとき、
飲み屋さんに入ったときのことを話してくれました。

中でごくごく普通のサラリーマン達が、
「帰り何で帰るの?」
「俺、車。」
「気をつけて運転しろよ」
と普通に話して帰って行ったそうです。

その人達の席にはかなりのビールのジョッキがあったそうで、
呆然と聞いてしまい、
後で「注意すべきだった!」と家族が憤ってました。

東京では交通が良いですし、
タクシーも使えますが、
少し地方に行けばまだまだ飲んでも車という感覚が抜けていないようです。

自分だけは大丈夫という感覚が消えない限り、
今後もこんな事件が続くのかと思うと、
どうしようもない気持ちになります。
Posted by トモコ at 2006年08月31日 10:19
うちも車でなければ行動できないんです。
幸い夫婦ともお酒だめなのですが、
やはりこういう人は多いですね。
おうちバーが一番・・かな。
喉元すぎれば忘れる・・じゃいけないですね。

被害者も加害者も・・
失うものはあまりにも大きいです。
Posted by まいっち at 2006年08月31日 21:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/22993272
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。