2006年06月21日

ブログななめ読み〜本村さんの7年を想う

ニュースでみるたび やりきれない。
山口県光市母子殺害事件の判決から 一日たって・・。

加害者の父親と本村さんは同じ会社だったのですね。
父親のインタビューは みなさんのいうとおり
あんぐりでした。
親は 最後まで 子供の味方であるべきだけど
被害者に申し訳ないという気持ちは
まるで ない・・・。確かに彼も苦しかっただろうが
なんか自分が被害者みたいな口ぶりであっけにとられた・・。
相手の心境をおもんぱかる・・ちゅーのがない。
それとも テレビ局で 意図的に編集されてるのかな??
週刊誌って 悪意あるように、うそっぱち書かれるというけど
普通 あんたがいうか?って 思うほど・・。 
cute!:山口県光市母子殺害事件を考えるさんの
生きてつぐなうとはどんな風にさせるのか・・に 納得。


本村さんは 感情を素直に表した、昔の印象と変わったけれど、
仮面の下に いくつもの自問自答がみえるようで
この7年にそれを想うと 涙がでそうで・・。

「境界に生きた心子」:光市母子殺害事件・最高裁上告審判決(3)さんの ブログから、
たんに死刑だけを のぞんでるわけじゃない、
たぶん彼が背負ったのは ほかの事件で苦しんでる
遺族の無念な想い・・もあるんだろうな。
専門家が感心するほど 勉強もしたし、
死刑を訴えるべきかアメリカに渡って 判決前の死刑囚に面会したりも
したそうだ。
批判する人もいるけど かなり苦悶しただろうし、
ここまで きたのは 自分の感情を浄化させるだけでないと思う。

人事とは思えなくて なんだか答えがほしい気がして 
睡眠不足のくせに、あれこれ ブログものぞいてみました。
共感、納得、なるほど・・と思えるのをクリップして
思いをめぐらせてみました。

たぶん 死刑を望むことの免罪符がほしかったのだと
思います。
Black Mind Web 〜法の独習室〜
こちらの方の、、「刑罰は、それを科される犯罪行為の残虐性を映し出す『鏡』として機能してこそ、意味がある。」という言葉が
いちばん ふさわしいと感じました。

死刑以外に 厳しいものがないから 問題なのだ、
死刑より重い刑罰・・このほうが 辛いかも。
ふとできた心の隙間−光と影: 要するに・2

この問題を いろいろ考えたとき
大事なものがみえてくるなあと感じました。

本村さんにも納得のいく区切りがついて、今度はご自分を
癒す時間が おとずれますように・・。
テレビで会見に見に応える彼の姿は 姿はちがうんだろうな。
いつか 恋もしてほしいし、亡くなった奥さんも
彼に 何より幸せになってほしいだろうな。

また、司法の問題や被害者救済について、まだまだ不十分だといえるし、
少年法といっても 年齢でなく
動機や 残忍性、事件の質によっても問われるべきなんでしょう。
個人の力では なにもできないかもしれないけど
いろいろな声が世の中に届くといいな。

強く納得した記事。涙がでてきます。
シ。|つばチャン、りゅうチャン、一緒に生きてゆきます!!

世論に警戒する声や、死刑にしろというのは
イラクに兵を送るのと同じでは・。たしかにその意見も・・。
うーーん・・・。揺れ動いてしまいます。
そのなかで いいきれないずるい私もいる気がします。
So-net blog:綿井健陽のチクチクPRESS:「殺せ、殺せ」の大合唱

眠れる森にでてくる復讐という遺族感情、このドラマ見てました。
ほんと めちゃめちゃ 怖い・・!
第ママ分団!:山口県光市母子殺害事件に思う

2006/6/22 追加
ちょっと思うこと・・。
加害者の父は ずっと面会せず この問題から逃げていた。
最近 やっと会ったそうだ。
ずっと 世の中から 捨てられたと思っていて
このことで 変化は でたのかもしれないな・・。
聖書や手紙は ポーズにしか見えないけど。
もっと 父親がはやくむきあうべきだったのに
と 思う。
誰でも 必要とされたいはずだもの・・。

Yahoo!ブログ - 「境界に生きた心子」
..こちらの記事の本村さんの言葉もぜひ!
これまでの 本村さんの道を思うと涙がでます!


posted by まいっち at 17:46 | 🌁 | Comment(11) | TrackBack(3) | 気になる問題
この記事へのコメント
まいっちさん、こんばんは∈^0^∋
人間の心はどこまで更正するのでしょうね。ぼくには、この辺がよくわかりません。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~
Posted by くまさん at 2006年06月21日 20:11
まいっちさん、
初めまして。
私のブログにコメントありがとうございます。
まいっちさんのこの記事を通して、
多くの共感できる意見に出会えて、
今、またさらに深く考えております。
私も、本村さんご自身に早く癒しの時間が訪れることを願っています。
もう、十分に苦しんで戦われてきましたよね。

今回の事件で、被害者遺族の方の痛恨の苦しみが伝わってきました。
それを私たちは忘れてはいけないと思います。


あ、追伸。
トラックバックしたのですが、うまくできなくて2回してしまいました。
お邪魔でしたら1個削除されてください。
すいません(*>_<*)!!

また遊びにきます。
Posted by つばチャン at 2006年06月22日 10:20
つばちゃんさん ありがとうございます。
すてきな記事でした。
ひとそれぞれ、いろんな考えがあって
本村さんを非難する人もいて
残念でした。
知れば知るほど 彼を動かしたのは
自分の遺族感情だけではなく
明日 被害にあうかもしれない
私たちのためにがんばってくれているのだ・・という気がします。
本村さんの悲しみや苦悩を
同じように受け止められる気持ちを
みんながもてたら 犯罪はなくなるかも
しれませんね。
死刑に・・ついては 難しい問題ですが・・。
くまさんのいうとおり 心の更正を
なんではかるか 難しいですね。



Posted by まいっち at 2006年06月22日 12:15
はじめまして。
私も同じ番組をみて、沸き起こる、感情を飲み込めませんでした。
なんらかの形で残したいとブログにしたためました。
その時に、まいちっちさんのブログに出会いました。
私なんかより、たくさんのさま 様々な事柄をご存知で、改めて色々と感じた次第です。
できたら、トラックバックさせてください。
Posted by マリー at 2006年06月22日 13:13
マリーさん、私も同じです!
昔 ワイドショーで死刑反対者に批判される本村さんをみて、憤慨しつつも 
何もできなかった。
いまは ブログで いろんなことを
(勝手にですが) いえるのはいいですね。何もできないかもしれないけど、
なにか 残したいですね。
トラバ お願いします。
Posted by まいっち at 2006年06月22日 13:37
コメントありがとうございます。
トラバさせて頂きました。
私は逃げているのかな。読むと辛くなり、いっそ、作り話なら・・・などと思ってしまう。
いつか癒され、本村さんを抱きしめる人がいてほしい。早く解決して欲しい。こんなにも善悪がハッキリしているのに。
Posted by マリー at 2006年06月22日 14:42
本村さんが幸せになったら なったで
どやかくいう悲しい人がいるかもしれないけど、すっごく苦しんだ分、誰よりも幸せになってほしいです。
本は読まれたのですか?
読むの苦しいだろうな・・・。
Posted by まいっち at 2006年06月22日 15:37
コメント・TBありがとうございました。
訪問が遅くなり失礼しました・・・。

私も昔死刑反対論者の授業を受けてて、
一時期洗脳されそうになりましたが、
彼らはアメリカ等のシステムを指すのですが、
アメリカ等は被害者がとても多いので、
被害者へのサポートが結構整っているんですよね・・・。
日本の加害者権利をプラス10とすると、
被害者権利はマイナス10。
権利のレベルを同じにすることをかたくなに拒否する死刑反対論者達の感覚が私には理解できません。
Posted by トモコ at 2006年06月23日 22:52
トモコさん、いえいえありがとうございます。
アメリカの被害者サポートと
雲泥の差があるんですね、
勉強になります。
被害者がこぶしをつきあげないと
かわらない世の中じゃ
いけないですね。
人事じゃなく 明日にも被害者に
なるかもしれない・・。
Posted by まいっち at 2006年06月23日 23:23
こんにちは。
コメント&トラックバックありがとうございます。
死刑の是非は、理論的にも感情的にも哲学的にも、人によっては宗教的にも、難しい問題です。
究極的には正解はありません。
究極的には正解はないにもかかわらず、一度執行されてしまえば取り返しのつかない究極の刑罰の是非について考え答えを出さなければならないという点に、死刑の是非を考える難しさ、見方によっては矛盾があります。
したがって、死刑の是非について考えるにあたっては、他の問題について考える以上に、自らの見解とは異なる見解に注意深く耳を傾ける必要があります。
まいっちさんを始め、ここにコメント、トラックバックを寄せる方の多くは死刑賛成派であると思われ、かくいう私もそうですが、そうであれば尚のこと、死刑反対派の方の見解に注意深く耳を傾ける必要があります。
いろいろな方が、いろいろな見解に触れつつ、死刑の是非について考えていただくことを、希望するところです。
長くなり、失礼いたしました。
Posted by lovelyshogon at 2006年06月24日 13:13
lovelyshogonさん、ありがとうございます。死刑について、いろいろ考えてこられた方ゆえの、奥深いコメントだなと
かみしめました。確かに いろんな意見を聞くのは とても大事ですね。
ちょっと ずれますけど、
これが 外国人や、米軍の人・・となると
また 事情がかわってくるのでしょうね。
まったく わからないのに いって申し訳ありません・・。
が、いろんなケースの場合も含めて
議論されると いいですね。それと被害者救済についても。
Posted by まいっち at 2006年06月24日 23:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/19619753
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

光市母子殺害事件・最高裁上告審判決(4)
Excerpt:   ( http://blogs.yahoo.co.jp/geg07531/36574858.html からの続き)  この事件が起きた1999年は、心子と僕が 付き合いはじめた年でもありまし..
Weblog: 「境界に生きた心子」
Tracked: 2006-06-21 19:30

シ。-光市母子殺害事件について-
Excerpt:                     ?Photo by (c)Tomo.Yun <光市母子殺害>無期懲役を破棄、審理差し戻し 最高裁 ?????? 2006年6月20日(火) ..
Weblog: つばチャン、りゅうチャン、一緒に生きてゆきます!!
Tracked: 2006-06-22 10:03

光市母子殺害事件・最高裁上告審判決(1)
Excerpt:    本日午後3時、最高裁は 広島高裁の無期判決を破棄し、差し戻しを命じました。  事前から その可能性が一番高いのではないか、とは言われていました。  差し戻し審では、無期懲役が見直さ..
Weblog: 「境界に生きた心子」
Tracked: 2006-06-22 14:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。