2006年06月20日

振り出しの苦しみ・・山口県光市母子殺害事件の判決

山口県光市母子殺害事件の判決がでる・・ので
どきどきしていました。
ながい判決文、どっちだ どっちだ、あれ?
広島高裁へ 差し戻し・・とは。

えっ!死刑に限りなく近いけど 死刑とは自分のところで
いいたくなかったのか。なんじゃそれ。
どっちも とれるじゃん。判例は残したくないから?
・・・また振り出しなの??

アンフェア で 憎しみだけを糧に生きていくのは
もう疲れました・・というセリフがある。
本村さんは この七年 宙ぶらりんでいきてきただろうに。
生身の人間で

 ここまで ひきずっていくのは
本当に しんどいだろう。裁判って 精神力いるだろうに。
望みがあるとは いえ 長すぎる・・。

昔 ワイドショーで いっていたが 子供の命の司法の評価って
大人の半分ぐらいだそうだ。つまり1.5人分ってこと?
だから司法の罪としては 低いらしい。
親になって認識したけど、 お腹に宿した瞬間に
すっごく重い重いものだと思う。
たった 数ヶ月でも 子供の命って大きいよ。
人殺しの判例に 人数何人殺したからって
ものさしは いかがなものか。

世論にながされて 死刑をさけぶ人たちに 醜悪な仮面の姿が
みえる・・との ブログをみた。
しばり首になるまで 民衆は 満足しないって とこかな。
わたしも かぶってるな・・。

本村さんの幸せだった日々を 自分たちと重ね合わせて
いざ 自分と同じ被害にあったらよいう苦しみを 
同化させてしまう。自分だったら どうするか?

悲しみを 月日がながすのを ただ 待つだけの日々?
犯罪は 悲しいけど なくならない。
でも 裁判だけ 反省したふりをして 社会にもどるのを
みすみす 見守るだけなの?

死刑・・にしても 死刑にしなくても
犯罪はなくならないけど 死刑を前にしないと 
自分のやった罪の重さや犠牲者の無念にきずかない人もいる・・。
死をもって つぐなうのを 望むのはあさましいのかな。
・・・私の身に起こったら・・とても立派な人になれないな・・・。

本村さんの痛みを痛みとして見れるように。
あたりまえのことを 思えるのは 実は幸せなのかも。
大切にしてもらえなくて 大切な人がいないと
人は なにも感じなくなって 残酷になれるのか。
大切な人を失う痛みが 普通に感じられるなら
犯罪は減るのだろうか・・・。


今日も♪ねこ曜日: 光市母子殺害事件判決
・・さんの記事が 心に染みました。

・・記事を更新したら うまくいかなくて
何回か削除 更新してしまいました。すみません。

posted by まいっち at 19:33 | 🌁 | Comment(4) | TrackBack(1) | 気になる問題
この記事へのコメント
まいっちさん、こんばんは∈^0^∋
難しい問題ですね。
たまに、昔の仇討ち制度合った方がよいのではなんて思うときがあります。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~
Posted by くまさん at 2006年06月20日 23:12
仕事人・・に頼みたくなるかも
しれませんね。
いろんな被害者の方はずっと
堪えているのでしょうね。
事故ならまだしも 意味なく
殺されてしまうのは
本当にくやしいでしょう。
Posted by まいっち at 2006年06月21日 19:06
まいっちさん、私もこの事件の被害者、残された本村さん・・・色んな想いがあります。
彼があの時に、極刑でなければ、無罪で放り出して欲しいと言っていた言葉が、ずっと残っていました。
私も、きっと同じ言葉を吐きます。
あの時の、本村さんには、もう守るものがなくなっていた。法が裁かないのなら自分が裁くしかないと強く思ったでしょうに・・。

差し戻し、また長い時間が続きますよね。
審議に時間が掛かりすぎるのが日本の裁判の悪いところです。
審議の余地もなにもない事件です。
少年法で守られていると勘違いしている若者が多い。しっかり、罪の責任、事の重大性を認識させなくて、何が改心している、更正が必要なんだ〜!

家庭環境が悪いからと言って、罪が軽減されるのはおかしいな話。家庭環境は、罪を犯すきっかけでもないはず。
事の判断が出来ない事の方が恐ろしいと私は思う。
それは、親にも勿論責任、問題もあるが、
己の欲望に動かされ、その欲望の犠牲になた奥さんと幼いお子さん。
人間の心があるのか?欲望で動くのは動物だけです。
そして、あの弁護士・・・。
死刑廃止をうたっているが、おまけに、警察の取調べに問題があると言う始末・・・。
ふざけるんじゃない。本村さんが家族を失った日、そしてこの裁判に費やした時間、
何の為に、被害者である彼がこんなに苦しまなければならないのか・・・。

きっと、奥さんもお子さんも、彼がこれからの人生を幸せに暮らして欲しいと願っているはずです。

最後まで、諦めない彼の姿勢に心打たれます。死刑が妥当な判決。
今の若い人達には命の重さが理解出来ていないから、簡単に親でも他人でも殺せるんだと思います。どんなに苦しいか、苦しむ人がいるかをかんがえられないのでしょうね。自分の思い通りにならなければ、犯罪を犯すなんてナンセンスですね。

Posted by emo at 2006年06月28日 04:14
さすが エモさん!
命の重さが 希薄・・なんですね。
家庭環境のせいじゃない。
大事な人を失う、当たり前の
辛さを 本村さんを通して
みんなが 考えるといいですね。
Posted by まいっち at 2006年06月28日 22:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/19565262
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

死刑
Excerpt: 死刑判決が出た事件、死刑が執行された事件、あるいは死刑制度そのものについて。思うところを語ってください。
Weblog: 共通テーマ
Tracked: 2006-06-22 01:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。