2006年06月08日

忘れらない・・山口県光市母子殺害事件

ワイドショーは いいもんじゃないけど
いまだに 鮮明に忘れられない事件があります。
山口県光市で1999年4月、主婦と幼児が殺害された事件の
被害者のだんなさんによる討論会。

かわいいざかりの赤ちゃんと思いやりあふれた愛情
いっぱいの夫婦の幸せな生活。
日記でも人柄がかわいい奥さんなのが よくわかる、
希望にみちあふれていたのに。
たんなる欲望のために 水道の検査員を
装った犯人にむしけらのように無残に
殺されてしまった。
未成年だったため 少年法は 被害者から
員実を知る権利すら 与えてくれなかった。

こんな尊厳のない殺し方をしたのに何をまもるって
いうのだろう?たしかに 白夜行の最初の犯罪みたいに
理不尽な理由があって、弱い立場をまもるべき少年犯罪もあるだろう。

私だって もし愛する人をそんな目にあわされたら
復讐してやりたい。それなのになんで司法は理不尽なのか?
いまだに 心をうつのが 遺族のさけびが
真摯で まっとうなことだったからだ。

ストレートすぎて 死刑反対者や 少年法を保護する人、
そしてコメンテーターが 立場上 たしなめていたけど
あなたたちが 同じ目にあっても そういえるのか?私も 同感!!
死刑をなくすことも 反対だ。
世論によって よってたかって犯人にされたひとも
いるだろう。そこは 判断が必要だけど。
たしか討論会って なんどもやっていたような・・。
テレビに消耗されて、いくら訴えても、先の見えない苦悩と
悲しみが にじんでいて・・。 
本当に なんとかしてあげたかった。

悲しみは時がいやしてくれるというけれど
裁判の長くかかること。
若者だった 本村さんも 大人の顔立ちに
なっていたけど 年月の苦しみが伝わってくる。
しっかし 加害者の手紙は
強がりなのか、レベル 低すぎる・・。
心からの謝罪や悔い改める心・・かけらも みあたらない。
遺族の年月をささげる相手にふさわしくない。
被害者も浮かばれないし、その長いときを残された人も、
報われないし、前へ進めないだろう。

ずっと ずっと・・何年も気にしていた。
あの事件は 忘れられなくて・・。。
少年法は すこし年齢が前倒しされたけど
でもやっぱり 進歩してない。
ケース バイ ケース。
法律も 臨機応変が きくように できるといいのに。

長崎の事件のお母さんの手紙に
被害者にならないように守ることをかんがえていたけど
まさか自分の子が加害者になるとは 思わなかった。
私もだ・・。そうならないように何をすべきだろう・・。

被害者 遺族の 本村洋さん、
心から 笑えないかもしれないけど
でも 奥さんと子供さんの お墓に 終わったよって
報告できる・・裁きをしてほしい。

2006.6.17 加筆

しらなかったけれど 奥さんとの思い出の本がでていて、今度
映画化されるんですね。幸せがなにもかも一瞬にしてなくなるのを
みるのは 辛いかも・・。
生きた証をのこしてあげたかったんでしょうね。
子供さんが生きていたら今頃ランドセル背負っていただろうな。
人を殺める罪は 一番 重くすべきだと・・私は思います。
天国からのラブレター
天国からのラブレター
posted by まいっち at 10:50 | 🌁 | Comment(4) | TrackBack(2) | 気になる問題
この記事へのコメント
まいっちさん、こんばんは∈^0^∋
子育てってとても難しいですね。
コメントが難しいです。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~
Posted by くまさん at 2006年06月08日 20:41
戦場でなくても
ミスチルのタガタメって 感じですよね。

私は たまたま書いたのですが
ニュースステーションでこの前日
やっていて 加害者の親のコメントが
あきれるものだったとか。

6月20日に判決がくだるそうです。
謝罪の気持ちを表すのが
まず 人間としての最低限の
つとめだろうと 思いますが・・
これ以上 遺族を絶望させないでほしいです。
Posted by まいっち at 2006年06月09日 12:34
こんにちは!

本当に酷い事件ですよね。
7年前から被害者の本村さんの人生は随分変わってしまいましたよね。
今、自分に子供ができ守るものがある今はますます許せない気持ちが強くなります。
こうしてコメントをするのにも自分の中に後から後から言葉が溢れてきてなんと書いたらよいのやら・・・涙で画面が見えなくなってしまいます。

本当に早くご遺族の望む結果が出ることを祈り奥様とお子さんのご冥福を祈るまでです。
Posted by 一児の母 at 2006年06月22日 14:54
一児の母さんこんにちわ!
親になって 子供を失うのが
いちばん辛いことですよね。
本村さんは司法とも闘わなくては
ならないわけで・・。
ほんとに なんともやりきれない思いが
しますね。自分のしたことが
どれだけ 人を苦しめるのか
加害者は深く深く考えてほしいです。
Posted by まいっち at 2006年06月22日 15:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/18988930
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

東急不動産、尋問を延期して証拠収集
Excerpt: 原告本人の尋問は2005年12月22日に実施されるべきものであった。しかし被告代理人・井口寛二弁護士の私事都合により、延期された。原告本人の尋問を延期させて被告がしていたことは新証拠(乙第13号証)の..
Weblog: 東急不動産東急リバブル不買宣言
Tracked: 2006-06-12 22:46

判決前夜
Excerpt: 月曜日の夜なのに、なかなか眠れません。もともと、不眠症なんですけどね。 実は明日
Weblog: 悩めるワーキングマザーのdiary
Tracked: 2006-06-20 10:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。