2006年04月26日

Kin-Qキッズ★おたすK隊 子供の身は自分で守る!防犯対策DVD おすすめ! 

ケーブルテレビで放映中の番組。
なかなか見れなかったけど この間 みることができて
うむむ・・。なかなか 考えさせられました。
 

見たのは エレベータわいせつじけん。

子供が ひとりで のっているときに 

顔見知りの青年が いそいで 乗ってきて

あやうく つれさられる・・という事件。

Kin-Qキッズ★おたすK隊 ~お外の防犯 ゆうかい~

ケーブルテレビやスカパー だと 水曜日の8時15分より。

DVDも2本でています。楽天のほうがアマゾンより 安かったです。

 

はじめに じけんをみる。

あ〜〜 こわいよう。けっこう ドキッとさせられます。

実際 おこったらこわいし。子供なんて いとも簡単なんだなと。

だけど 目をそむけないで

みんなで あぶないことは何か、問題点をあげて 

そのあと どうしたら 危険を回避できるかを

考えて、こんどは ちゃんと 逃げるシーンがでるので

ほっとします。そのあと どうしたらいいか

親子で 話し合う きっかけに なります。

セコムが監修してるので かなり ためになりました。

 

うーむ。いまは 園児だから いつも親が一緒に

いるけど 来年からは 小学校の新一年生。

一人で 行動するのだよなあ。

マンションにすんでたら ひとりで

エレベーター 乗る子は いっぱいいるだろう。 

いまなんて 階段から 落とす大人もいるのだ。

わいせつじけん・・というのは 親がいいにくい話で

なかなか ふれられないし、親自身も 体験してないので

盲点になかなか きづかないな。

まだ 幼児では・・理解できないだろうし

そんな汚いことを 教えたくないのも 事実。

しかし この世の中 悲しいことに

子供が犠牲になる事件が なんて 多いこと。

 私たちのときは 防犯ブザー、小一から

もつなんて 考えもしなかったよ。

 

いまでは 常識、キッズケータイも売れてるんですよね。

私も 秋ごろから きっと 考えるでしょう。

ひっぱったときに 鳴る部分が下ではなく

上で残るものを 選ぶように・・と 聞きました。

床に落ちて 鳴ってるようじゃ 意味がないって。

キャラクターものも この条件あってるのか

チェックしておきたいですね。

 

しかし 防犯ブザーをもたせるだけでは

 無防備なんだなあ・・。

また とっさのときは 防犯ブザーを気にするよりも

大きな声をだして 助けを求めることも大事ですよね。

大人がいろいろしかけてきたら

予備知識ももたないままでは この世の中、

荒海に 身をなげるような ものだよな〜〜。

最近 絵本なんかも 出ているけど

こんなわかりやすいものは 今まで なかった

気がします。ぜひ 学校などでも 見てほしいです。

株式会社スターシップ|Kin-QキッズおたすK隊

Kin-Qキッズ★おたすK隊 ~お家の防犯 るすばん~

 



どれが いいんでしょうね〜私も まだ わからなくって・・
いいのが 年々でるのかな?
今のところだとコレが いいかなと 考えてます。

ランドセルに 使いやすくぶらさげる ブザーつりつり 2タイプ
防犯ブザーは、手の届かない位置にあってもしょうがない!手の届かない防犯ブザーを手元に!ブ...
【ブザーつりつり2】[防犯ブザー]いざというときに使いやすく防犯ブザーを目立たせる!光るブザ...

大きな警告音で大切な人を守ります防犯ブザー ビーンズ
音がすごい!リストバンドタイプ防犯ブザー
きんきゅうキッズ おたすけ隊

posted by まいっち at 18:25 | 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 気になる問題
この記事へのコメント
まいっちさん、こんばんは∈^0^∋
物騒な世の中になりましたね。
声って、意外と出せないです。
ですから、ぼくは 海外に行くときなんかはホイッスルを首から提げています。
 声が出なくても、息は出せますからね。
 でも、練習してないと、とっさにはホイッスルのことを忘れてしまいますけれど。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~
Posted by くまさん at 2006年04月26日 18:57
そうですね、
私も 夢でドロボーがはいり
夫を よぼうとするが
声がでない・・という夢を
なんかいか 見ました。
あれは 怖い・・・。
なるほど ホイッスルですか〜、
危機管理されてますね。
Posted by まいっち at 2006年04月27日 11:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。