2008年09月01日

母の病気は・・

ずいぶん日がたちましたが、母の病気について・・。

肝臓うみがたまる肝膿瘍という病気で一時は危ない状態が
なんとか回復しました。もうひとつ、気がかりな爆弾があったのです

腹水がたまり お腹も腫れている、これは婦人科でみてもらうことに。
以前子宮筋腫の術後あとが炎症をおこしているので、この際とってしまいましょうと 母がいわれたそう。
ああよかったと安心していたら弟からの電話。
ドラマにでてくるみたい、あとで本人のいないときに、いわれたそう。

卵巣がんで けっこう進行しているかも・・

卵巣がんは 開腹してみないと状況がわからないそうで
その手術が終わるまで 本人や親戚にもいわないようにしようと話しました。
卵巣がんは、発見が難しく、とくに痛みもなくサイレントキラーと呼ばれているらしく
自覚症状がなく気がつくとすでに転移しているそう

また 何かのがんの次に医療費も高額になるそうです。
がん保険ははいっておらず、金銭面でも不安に。

それを聞いたのは4月ぐらいだったか。
いやあ〜〜 かなりショック!!!!
何も手につかない、
わけもなく涙がでたりして。

がんという病気の破壊力、
これが本人だったらもっともっと衝撃でしょう!!

これが私の親世代に、多い多い、
友達の親もはがんでなくなった方、いま がんで闘っている方、
がんはほんとにありふれた病気だったことをしりました。

見舞いにきてくれた方で克服した人もいて、
生死を体験した人の神々しいこと・・
生きなアカン、と母を励ましてくれました。

肝臓の病気と抵抗力のなくなった体でがんに戦えるんだろうか、
がんって痛いのかな、
副作用強いのかな、
痛みや吐き気に苦しむ姿を見るのはつらい・・
今まで経験したことのない、次の戦いを身構えていました。
といっても 私はそれほどしてなくて スゴイのは弟ですが。

ところが、骨盤の奥に隠れていて判断が難しかったという
モンスターは・・・・・

良性でした

あ あれ〜〜〜???

あ あの苦悩はいったい??

今までの点滴や、痛みをこらえた治療をがんばったおかげもあるのかな

あららあ〜〜〜

でもでもでも・・よかったあーーーーぴかぴか(新しい)よかった よかった よかった よかった

とはいえ 術後はつやつやして顔色がよくて安心したら
次の週は 本人いわく死神のようにゲッソリ頬がこけていたり
やっぱりまた 膿がたまっていたりと。

人間の顔って体調によってこんなにも変わるのかと思ったり。


婦人科は元気な人が多いせいか あまり看護婦さんは親切じゃない感じ。フロアが違うとずいぶん雰囲気も違いました。
大病の跡なので もうすこしなあーーっ、みかねて内科の先生が
注意したこともあったそうな。

市民病院はすぐだされてしまいましたが、本当に大丈夫だろうか。
肝臓はよくならない、でも峠は超えました。

大変だったのは 一時期で それも弟が尽力してくれて・・。
おちついたら旅行にいったり 遊びにいったりもして、
まめに顔を見にいったりした程度でなにもしてないくせに
なんか疲れました。


いつもは私たちがいくと いっぱい手料理をならべてくれていた母。
この間は 買ってもっていって一緒に食べました。
入院食より、みんなで食べる食事はおいしいなあと
かみ締めるようでした。
それでも退院したとはいえフラフラ、やっぱり懸念は残っていました。

それがお盆にいったときには、フライ食べる?

えええ 大丈夫??
おとついぐらいから 急に力がみちてきたそう・。
声も力がはいっていました。

もう手料理なんて 2度とたべられないと思っていました。
こんな日がくるとは・・・もうやだ〜(悲しい顔)

まあ あんまり無理して動き回ったらいけないし、
油断ができませんが、
それでもそれでも
なんか やっと安心できました。

弟に感謝 親戚に、見舞いにきてくれた方、心配してくれた友達
母の生命力に感謝です。
posted by まいっち at 22:54 | 🌁 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
まいっちさん、こんにちは∈^0^∋
お母様の癌が良性で良かったですね。
僕の父はかなり転移しているのですが、全く痛みを伴わないので、大変恵まれています。
 先生方も希な事例だそうです。外見から見ると全く癌患者とはわからないです。ただ、薬の副作用?で指の主旨が痺れているそうです。
 あとは、薬で治療していますが、寿命が先なのか、癌の進行が先なのか判らない状態です。
 病は気からって、本当にありそうです。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~
Posted by くまさん at 2008年09月02日 08:51
お母様のお加減はいかがかなぁと気になってましたが、
良い方向に向かわれたようで本当に良かった!

病気は患者本人が辛いのは当然ですが、
見守る家族もほんとに大変ですよね。
本当にお疲れ様でした。

まいっちさんもくれぐれも無理しすぎないで下さいね!



Posted by トモコ at 2008年09月04日 22:33
くまさんのお父様も大変だったのですね。
痛みに苦しむ姿をみるのは辛いもの、
いたみが少ないことだけは 助かりますね。
薬が効いて、いい方向に向かっていくことを
お祈りします。

トモコさん 本当に本当によかったです。
手放しで。。というわけにはいきませんが
こんな日がくるなんて・・
いろいろ励ましてくださってありがとうございました!トモコさんもどうかな・・。

Posted by まいっち at 2008年09月11日 23:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/105865896
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。